テレビキャスター堀潤:私は福島について真実を伝えられなかった 最悪のシナリオ

category: メッセージ  

テレビキャスター 堀 潤
私は福島について真実を伝えられなかった
最悪のシナリオ


今回の記事は、NHKを退職し誠実に頑張っている堀氏の事を
海外のメディアは大きく取り上げてくれています。
(日本のメディアだけは、完全無視を続けておりますが・・・)

時代は大きく変わりました!
今までの様な、嘘や力技や騙しの時代は終わりました。


今までは、誤魔化せた事も・・・誤魔化せなくなります。
今までは、嘘を付き通せた事も・・・嘘がバレル時代になりました。


コツコツと、目立たなくとも、誠実さが・・・、
必ず【大輪】を咲かす事が出来る時代になりました。


今まで、ご苦労されてきた様々な分野の方々と心を合わせ、
現代社会の夢も希望も見えないような世界に対し、
例え小さくとも、目的地を&出口を入力済みの
【希望の舟】を出航させたい!と準備を進めております。


ヴィジョン

▼では、堀氏の心意気をお聞きください。



Japan TV Anchor: I couldn’t tell the truth about Fukushima
— Shocking revelations kept secret from public —
Nuclear Scientist: I have not trusted the information from beginning…
“The worst scenario I predicted has happened”

日本のテレビ・アンカー(ニュース番組責任者兼キャスター)(堀潤):
私は福島について真実を伝えることができなかった
-衝撃的な(隠された)事実が一般公衆から秘密にされた-
核科学者:私は最初から情報を信頼していない...
「私が予測した最悪のシナリオが起こっている」


▼Newsroom revolution -- empowering the people
| Jun Hori | TEDxKyoto 2013  (14分31秒)




Published: October 19th, 2014 at 5:15 pm ET By ENENews
公開:2014年10月19日、午後5時15分 ET ENENewsによる




PRI’s ‘The World’, Oct 17, 2014:
Japan’s timid coverage of Fukushima led this news anchor to revolt
— and he’s not alone —
No one is telling [evacuee] Shiga Kamematsu the truth

International Public Radio International
(ミネアポリスを拠点とするアメリカの公共ラジオ通信社、
ボストン・ニューヨーク・ロンドン・北京に支局)

「ザ・ワールド」、2014年10月17日
日本の臆病な福島隠蔽は、このニュースアンカー(キャスター)を反抗へ率く
-そして彼だけではない-
誰も [避難者の]シガ・カメマツに真実を語っていない


Complaints about censorship… continue to this day…
Evacuees don’t trust the gov’t or Tepco…
they’re blaming the media for not holding them both accountable…
Criticism goes beyond a lack of investigation.

Journalist Jun Hori says his news agency prevented him
from accurately reporting what happened…
It restricted what he and other journalists could say
about Fukushima [like] how much radiation was spreading.

検閲に関する苦情は...今日に至るまで続いています...
避難者は政府あるいは東京電力を信用していない...
彼ら(避難者)は、メディアが彼ら(政府あるいは東京電力)両方に
責任があるとみなさないのを批判しています...
批判は調査不足を凌いでいる。

ジャーナリスト堀潤は、
何が起こったのかを彼のニュース機関が正確に報道することを妨げられた...
彼や他のジャーナリストが福島について、
どの位たくさん放射能が拡散されたか[等(など)]を言うことを規制した。


Jun Hori. NHK news anchor:
“I couldn’t tell the true story on my news program…
It was very frustrating… A lot of people kept asking me,
‘Why didn’t you tell us earlier about what is happening?’…

My superiors said NHK was getting complaints from politicians…
They told me I had to stop…
The Japanese thought someone was [giving them accurate information]
— companies, the government, someone.
But once you peeled back the cover, you saw that nobody was doing it.”

堀潤。 NHKのニュースキャスター:
『私は、私のニュース番組で真の(ニュース)ストーリーを
伝えることができなかった...それは非常にイライラさせられた...
多くの人が「なぜ貴方は何が起こっているかについて、
もっと早く教えてくれなかったのか?」と私に問い続けた、...

私の上司達は、NHKは政治家からの苦情を受けていると言った…
彼ら(上司達)は私に(報道を)ストップしなければならないと言った...
日本人は誰かが[彼らに正確な情報を与えて]いると考えた...
企業、政府、誰かが。
しかし、あなた方がひと度裏表紙を剥がせば、
あなた方は誰もそれをやってなかったと分かった。』


Jun Hori at TEDx Kyoto:
‘Do not create panic, do not fuel public anxiety,
do not impair national interests,
do not compromise the interests of our sponsors’…

There is a plethora of information available on the web,
one cannot learn the truth from watching TV or reading newspapers…
Drastic changes need to be made…
A man [wanted] to see what is really going on in the nuclear plants…
The recordings he sent us a few months later were shocking and overwhelming.

TEDx京都での堀潤
「パニックを生み出すな、公共の不安を煽るな、国益を損なうな、
スポンサーの利益を傷つけるな」...

ウェブ上には入手可能な過剰な情報(情報の氾濫)があります、
人はテレビを見たり新聞を読むことによって真実を学ぶことができない...
抜本的な変化がなされる必要がある...
ひとりの男は原発で何が本当に起こっているのかを確認し[たかった]...
彼が数ヵ月後に私たちに送った録音は、衝撃的で圧倒的だった。




Asahi Reporter: “Tepco declined…
access of the complete recordings…
Footage has not yet been released…
There are much more shocking parts…
Workers have been told…
they’d receive 100 millisieverts [a day] of radiation exposure.“

朝日記者:「東京電力は断りました...録音全てのアクセス(入手)を...
ストック・ビデオはまだ公開されていません...
もっと衝撃的な(話の)部分があります...
作業員は話しています...
彼らは放射線被曝を[一日に]100ミリシーベルト受けています。"


Dr. Uzi Even, nuclear scientist:
“I do not trust the reporting system…
In fact from the beginning of this crisis…
Japanese authorities were trying to play down the danger…
The worst scenario that I predicted happened…
I claimed from the beginning that the information given
to the public is either erroneous or misleading…
The first few days they said,
‘Everything is under control, nothing will happen,
you don’t have to be worried.’ I doubted it
from the moment of the earthquake.”

ウズィ・イーブン博士、核科学者
『私は報道システムを信用していない...
この危機の始まりから事実上...
日本の当局は危険性を軽視しようとしていた...
私が予測する最悪のシナリオが起こった...
国民に与えられた情報は誤りや誤解を招くかの何れかである、
と私は最初から批判した...最初の数日間彼らは言った、
「全ては制御下にある、何も起こりません、
あなた方は心配する必要はありません。」
私は、地震の瞬間からそれを疑った。』


Watch the interview here
ここでインタビューを見る
 



※ヴィジョンは、現在プロジェクトの準備中です。

人生自由大学
NEW VISION ACADEMY ニュービジョンアカデミーの開設!そして、

理想の社会のモデルエリアを出す為の、
NEW VISION MODEL AREAの創出!を目指しております。


また、このブログでも発表出来ると思いますので、乞うご期待を♪

ヴィジョン

※このブログを応援して下さる方は、
↓3つのリンクを1日に1回ずつクリックをお願い致します(^_-) 
『より多くの方々にお伝えしたい』の願いを込めて。
★応援クリックをよろしくお願いします♪  
 ▼ ▼ ▼

スピリチュアル ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村



関連記事

テーマ : スピリチュアル    ジャンル : 心と身体
2015_10_04

Comments

ヴィジョンさんへ 

『世の中の課題を改善するために、
 あなたは、何をしますか?』

堀潤さんが、動画の中で問いかけられた言葉は、
自分の指が、深く、自分の胸の中に突き刺さるようでした。

自分が、自分の中にある曇りのないオモイを貫き、
そのように歩んで行きたい・・!と決意を新たにすると共に、

もう、自分のことに感けている時代でもない・・!
決して、ひとりではないんだ・・・!と
お腹に響くような勇気をいただいた感覚です・・・!

今はまだ、限界を感じたから!自分で思う仕組みを立ち上げられた
堀潤さんを、遠くに仰ぎ見るばかりではありますが、

自分の今ココ!で、何か、尊いものを守るために、
シッカリと、強くなりたい・・・!です。

今日、ラグビー日本代表vsサモア代表の試合を
ニュースで見させていただいていたのですが、

今までラグビーには興味がなかったのですが、
弛まぬ努力、汗と涙の賜物、そんな言葉も及ばぬような、
何か、尊くて、美しいものを見せていただいているような気がして、

とにかく、希望が湧いております・・!

また、外国の方々が日の丸のハチマキをしたり、
旗を掲げて「サンキュージャパン!」と仰ったりしているのを見ると、
もう、いろんな意味で・・・首は垂れ・・・涙が溢れてまいります・・・(T_T)

毎日、尊い何かから離れないように!自分がブレないように!
これからも、頭を下げて、歩ませていただきます!<( _ _ )>

いつも、本当にありがとうございます・・!!

HIRO

P.S. お名前を、ビジョンさんからヴィジョンさんに変えられたこと、
   何かが、大きく、変わった気がしております・・・!
   気を、引き締めて参ります!!<( _ _ )>
HIRO  URL   2015-10-04 18:53  

HIRO さんへ 

HIROさん、コメントありがとう^^。

>今までラグビーには興味がなかったのですが、
>弛まぬ努力、汗と涙の賜物、そんな言葉も及ばぬような、
>何か、尊くて、美しいものを見せていただいているような気がして、
>とにかく、希望が湧いております・・!

●HIROさん・・・自分に興味があるか?ないか?
確かに、誰でも自分の好き嫌いはあります。
それは、善悪ではないので、趣味の話しですから、
それは、それでOKなのですが・・・。

さて、ここからが肝心要の話しです^^。
それは、自分の趣味も嗜好も越えて・・・感動するモノ、
理屈無しに、他人の心を動かすモノが絶対にあるのです。

ヴィジョンは、歌舞伎も観ます。
能も、狂言も観ます。
落語も聴きに行きます。
クラシックも聴きに行きます。
ラグビーも観ますよ^^。

本物とは、時代もジャンルも、自分の好き嫌いも当然超えて、
心が震えあがるほどの感動を伴うものなのです。

目に観えないトコロでの、努力や涙やくやしさや・・・、
倒れても立ち上がって来たであろう・・・その誠実な心も、
同時に【観える、聴こえる、響き、感じられる!】からなのです。

そこまで、共鳴し合える人でありたい!と、
いつも・・・そう思っております(^_-)-☆

ヴィジョン
ヴィジョン  URL   2015-10-07 11:22  

ヴィジョンさんへ 

お忙しい最中にも関わらず、
お返事、ありがとうございます!!<( _ _ )>

何か・・もの凄いことを・・・
お教えいただいたと感じております・・!!<( _ _ )>

ヴィジョンさんからお教えいただいたことを、
実践させていただく生活の中で、

やはり、今の自分は、「自分の枠」内でしか
考えられえていない!ということを、実感させていただいております・・!!

ひとつひとつ、具体的に、そのことをお教えくださり、
ありがとうございます・・!!

早速、自分の行動に、しっかりと結ばせていただき、
真の理解に繋がるようにがんばらせていただきます!<( _ _ )>

本当に、本当に、ありがとうございます・・!!

HIRO
HIRO  URL   2015-10-07 12:57  

 管理者にだけ表示を許可する

11  « 2017_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カウンター

オンライン

現在の閲覧者数:

応援クリック♪

最新コメント

最新記事

全記事表示リンク

注目の本!


ランキング応援♪


プロフィール

ヴィジョン / Vison

Author:ヴィジョン / Vison
_____________
▼共に生きる、共に生きよう

あなたの苦しみや悲しみを
少しでも分けてもらえるなら。
あなたの癒しに少しでも
なれるのなら。

あなたの希望に少しでも
お手伝いできるのなら。
あなたが勇気を振り絞り
その一歩を踏み出すための
お手伝いができるのなら。

生きている価値が
生かして頂いている価値が
この世に生を受けた価値が
あると思えるのです。

人はみな、ほんとうは
誰かに喜んでほしいのです。
誰かの役に立ちたいのです。
その為に生れてきたのです。


ニックネーム  ヴィジョン

自己紹介 20代のに様々な未知の世界を体験。その後、真実の探求を始め、世界の全ては八百長で成り立っている事を知り衝撃を受ける。その後、政治の裏の仕組み、経済の裏の仕組み、精神世界の裏の仕組み、人間の生まれた訳、人間の生きる目的等を体感し、その全てをお伝えしたいという一心で、2014年ブログをスタートし、2015年 NEW VISION PROJECTをスタートさせる。


人間の時の氏名  わすれがち
性別  おとこ
年齢  おじさん
学校  おもいだせない  
住んでいる所  いなか
生まれた所  もっといなか
趣味  たびとおんがく
特技  あるきおなら
言語  やくさんかこくご
食べれない物  ぎゅうぶた
理想的な死に方 わらいじに
地球に来た記憶  ある
その時発した言葉 いやだ~
人類の行く末   みちゃった 
次の転生    もうないのだ
魂の最終段階  かんどうてき

★宇宙的魂ランク おちこぼれ

             _

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※なるべく全てのメールに返信を心がけておりますが、多忙に付きお返事できない場合もございます。ご容赦くださいませ。            

Twitter...

QRコード

QR

Amazon商品♪










page
top