伊勢神宮、おすすめの参拝とは?

category: メッセージ  

伊勢神宮、おすすめの参拝とは?

先日、当初は予定にはなかったのですが・・・、
急きょ伊勢神宮に参拝させていただきました。

DSC_0068.jpg

というのも・・・G7伊勢志摩サミットにて、
各国首脳による伊勢の神宮への参拝があったからです。

先進国首脳全員が伊勢の神宮に出かけるのは戦後初で、
正確に言うと、伊勢の神宮約2020年の歴史以来、初めてだったのです・・・。


20160613a.jpg 

ヴィジョンは、この報道を目にしたとき・・・、
理屈抜きに怒りが湧いてきて・・・ナントも言えない腹からの怒りが・・・。

伊勢神宮を政治利用するとは・・・(ー_ー)!!

それに、ブラタモリでも伊勢神宮編が放送された事もあってか、
もう人、人、人の山でした・・・(>_<)

CIMG0659.jpg

日本人だけではありません・・・。参道の玉砂利をスーツケースを引きずる中国人、
そしてアジア系のみならず・・・欧米の方々も沢山・・・。

もうこうなってはユックリと参拝どころではありませんし、
ましてや、静かに祝詞なんて・・・それどころではありません・・・。
 
伊勢神宮には、太陽神格化した天照坐皇大御神(天照大御神)を祀る皇大神宮と、
衣食住の守り神である豊受大御神を祀る豊受大神宮の二つの正宮がある、
この世界を司るとっても尊い場所なのですが・・・(>_<)


CIMG0664.jpg 

そこで、ヴィジョンは・・・宇治橋が通れる時間・・・、
翌朝5時にもう一度伊勢神宮内宮に向かいました。
すると・・・平日という事もあってか・・・貸切状態でございました!!


宇治橋は伊勢の神宮内宮の参道口にある長さ101.8m、幅8.42mの
木造の和橋(わきょう、日本風の橋)で、橋の両側に神明鳥居があります。
五十鈴川に架けられたこの橋は内宮参拝時の名所です。

この宇治橋を、一人・・・心静かに・・・、
ゆっくりと渡らせて頂きました。

DSC_0073.jpg

神宮の定義では宇治橋を渡った先は神域ではなく神苑であるが、
崇敬者・参拝者は通常神域と扱うことから、
一般に「俗界と聖界の境にある橋」とされる場所です。

下を流れる五十鈴川のせせらぎを聴きながら・・・、
鳥の声も聴きながら・・・、一人橋を渡らせていただきます。
もう最高です!

CIMG0668.jpg 

そして、昨日は人&人&人でごった返していた参道も、
人っ子一人居ません!
スーツケースを引きずる中国人も居ません・・・(@_@;)

たが響き渡るのは・・・凛とした静けさの神苑にあって、
自分の玉砂利を踏みしめる足音だけ・・・。

CIMG0655.jpg 

そして、手と口を清めるのは・・・当然、五十鈴川です。

神路山を源流とし、支流島路川と合流、皇大神宮伊勢神宮内宮)の西端を流れており、
御手洗場(みたらしば)が作られています。
この御手洗場では、かつては手洗いだけではなく、口濯ぎまで行われたそうです。

DSC_0069.jpg 

そして、イヨイヨ・・・内宮!!!

皇大神宮(こうたいじんぐう)は、三重県伊勢市にある神社
伊勢の神宮の2つの正宮のうちの1つであります。

石の階段を上がらせて頂きますと・・・、
守衛さんがお一人いるだけの・・・静寂の空間・・・。
守衛さんに挨拶し、ゆっくりと参拝させていただきました・・・。

たった一人・・・静かに・・・祝詞を奉り・・・。
ご挨拶後・・・アタタカナ空気に包まれ・・・泣けて参りました・・・。
幸せが込み上げてくる早朝五時過ぎでした・・・。


CIMG0677.jpg 

そして、帰りの参道の左手には・・・、
風日祈宮(かぜひのみのみや)で

風日祈宮(かざひのみのみや)皇大神宮別宮
級長津彦命(しなつひこのみこと)
級長戸辺命(しなとべのみこと)

祭神は風の神。豊受大神宮別宮の風宮と御同神です。
風日祈は、農作物の成長に風雨の災害のないようお祈りする
「風日祈の神事」に由来します。
ご挨拶を済ますと、涼しい風をずっと贈って下さいましたm(__)m。

20160611a.jpg 

伊勢に向かうのは電車を使わせて頂きました。
そして人気の『しまかぜのプレミアムシート♪』に座らせて頂きました。
予約で満席だったのですが・・・ナント!丁度空きが・・・m(__)m。

建造費は2編成で37億円の「しまかぜ」は最高でした♪
名称の由来は、志摩に吹く風の爽やかさと、
車内で過ごす時間の心地よさから名づけられたそうです。

名古屋方面からも、大阪方面からも乗車出来る様です♪
是非、おすすめです。

という訳で、伊勢神宮に参拝の際は・・・、
朝五時に開門と共に、ゆっくりとご参拝をおススメします♪

そして、くれぐれも注意点でございますが・・・、
神宮はお願いに行くところではございません!
日々のお詫びと、心からの感謝に行かせて頂く場所です。

決してパワースポットでもありません!
そんな軽い場所ではございません。
という訳で、内宮外宮共に平日の朝五時に参ってくださいね(^_-)-☆
そして外宮の豊受大御神にも、毎日食事を頂いている感謝を♪

ヴィジョン

▼史上初! おかげ横丁公式ガイドブック 『 伊勢神宮とおかげ横丁 』

20年に1度の式年遷宮に、なんと1400万人もの参拝者が訪れたという伊勢神宮。
その人気は衰えを知らず、遷宮後も1000万人近い人が参拝に訪れているといいます。
実は、別宮の遷宮が終わったのは昨年の春!
本書では、別宮の遷宮の様子も本邦初公開しています!

   

▼↓1日に1回ずつクリックをお願い致します(^_-) ▼
『このブログを、多くの方々にお伝えしたい』という願いを込めて♪
  ▼ ▼ ▼ 

スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村


関連記事

テーマ : スピリチュアル    ジャンル : 心と身体
2016_06_14

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター

オンライン

現在の閲覧者数:

応援クリック♪

最新コメント

最新記事

全記事表示リンク

注目の本!


ランキング応援♪


プロフィール

ヴィジョン / Vison

Author:ヴィジョン / Vison
_____________
▼共に生きる、共に生きよう

あなたの苦しみや悲しみを
少しでも分けてもらえるなら。
あなたの癒しに少しでも
なれるのなら。

あなたの希望に少しでも
お手伝いできるのなら。
あなたが勇気を振り絞り
その一歩を踏み出すための
お手伝いができるのなら。

生きている価値が
生かして頂いている価値が
この世に生を受けた価値が
あると思えるのです。

人はみな、ほんとうは
誰かに喜んでほしいのです。
誰かの役に立ちたいのです。
その為に生れてきたのです。


ニックネーム  ヴィジョン

自己紹介 20代のに様々な未知の世界を体験。その後、真実の探求を始め、世界の全ては八百長で成り立っている事を知り衝撃を受ける。その後、政治の裏の仕組み、経済の裏の仕組み、精神世界の裏の仕組み、人間の生まれた訳、人間の生きる目的等を体感し、その全てをお伝えしたいという一心で、2014年ブログをスタートし、2015年 NEW VISION PROJECTをスタートさせる。


人間の時の氏名  わすれがち
性別  おとこ
年齢  おじさん
学校  おもいだせない  
住んでいる所  いなか
生まれた所  もっといなか
趣味  たびとおんがく
特技  あるきおなら
言語  やくさんかこくご
食べれない物  ぎゅうぶた
理想的な死に方 わらいじに
地球に来た記憶  ある
その時発した言葉 いやだ~
人類の行く末   みちゃった 
次の転生    もうないのだ
魂の最終段階  かんどうてき

★宇宙的魂ランク おちこぼれ

             _

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

※なるべく全てのメールに返信を心がけておりますが、多忙に付きお返事できない場合もございます。ご容赦くださいませ。            

Twitter...

QRコード

QR

Amazon商品♪










page
top